二酸化塩素ガスによる空中浮遊菌の除菌テスト

約1ヶ月間に亘り、実際に食品工場で二酸化塩素ガスによって空中浮遊菌とカビが減少するかどうかテストしてみました。

結果は、人体に対して有害ではない基準値(0.1ppm)内の濃度を残留させておけば空中浮遊菌数が減少することが確認できました。

 

■テスト結果

二酸化塩素ガスによる空中浮遊菌の除菌テスト 報告書.pdf



かなり広いスペースの室内では二酸化塩素ガス発生装置が必要となりますが、小さめの室内であれば二酸化塩素発生ゲルを数個設置すればイニシャルコストを掛けずに空中浮遊菌対策がすぐに打てます。

この場合は、エアコン等の吹き出し口付近にゲルを設置すれば二酸化塩素が室内に拡散され、空中浮遊菌との接触効率がアップしますので効果的です!


エアコンの吹き出し口付近に設置することが難しい場合は、送風機や扇風機などを利用して二酸化塩素ガスを拡散し、室内全体に行き渡らせます。

100u〜400u(60畳〜240畳)なら、「空快」業務用を1〜2個設置で対応可能です。

「空快」の詳細についてはこちら