G2TAMαPULSパンフレット@.png

G2TAMαPULSパンフレット2.png

 

G2TAMαPULS商品ラインナップ.png

「G2TAMαPLUS」の使用例

作業着の交差汚染対策に!
営業終了後にユニフォーム(作業着)に「G2TAMαPLUS」をスプレーしておけば抗菌化されるだけでなく消臭効果もあるため、翌朝、気持ちよく作業を始められます。汗でカビやすい袖口やエプロン等には重点的にスプレーしておけばカビの抑制効果が期待できます。
 


空中浮遊菌対策に!
エアコン等の空調機のフィルターに「G2TAMαPLUS」をスプレーしておけば抗菌・防カビ効果が期待できます。

 

室内の抗菌化と防カビ対策に!
天井や壁面、冷蔵庫や製造機器の下など手の届きづらいところに「G2TAMαPLUS」を噴霧しておけば抗菌・防カビ効果が期待できます。 ドアの取っ手やスイッチ等、不特定多数の方が触れるところは、頻繁にアルコール等を噴霧することが困難なため、持続性もある「G2TAMαPLUS」がお勧めです。

 

競合他社との差別化をアピール!
金属腐食や漂白の心配がありませんので車内やトラックの荷台等に「G2TAMαPLUS」を噴霧することで衛生状態が向上し、ニオイも軽減。例えば、魚介類を運搬後に魚のニオイが荷台についてしまうため、帰りの便は何も積めないといった問題も解決できると思います。  

 

G2TAMαPLUSの安全性

G2TAMαプラスの安全性試験データ

 試験名 試験結果   例 試験機関 
急性経口毒性試験(LD50値)  6000mg/kg以上 なめても安全 (財)日本食品分析センター
皮膚一時刺激性試験 皮膚に対する刺激は認められない 皮膚についても刺激がない (財)日本食品分析センター
皮膚感作性試験 皮膚感作性を有さない アレルギー反応を起こさない (財)日本食品分析センター 
変異原性試験(5菌株) 陰性  突然変異を起こさない (財)日本食品分析センター 
吸入急性毒性試験 呼吸器への異常は認められない 吸いこんでも異常は発生しない ※群馬大学医学部保健学科
食品添加物等の規格基準第五、洗浄剤の試験法 適合する

ヒ素や重金属を含まない

(社)愛知県薬剤師会

器具容器包装規格試験

食品、添加物等の規格基準

器具及び容器包装の規格による試験法

適合する カドミウム、鉛、重金属を含まない

過マンガン酸カリウム消費量適合

(社)愛知県薬剤師会
魚毒性試験(LC50値) 45ppm  自然水域に流しても水質汚染や魚などの生態系に影響を与えない (財)日本食品分析センター 

※出典「医療保険技術分野での超微細霧と認証製剤を組み合わせた除菌・消臭技術の開発」群馬大学医学部保健学科

 

その他の試験結果やご不明な点については、下記よりお問い合わせ下さい。