二酸化塩素の基礎知識


基本性質

日本語名

二酸化塩素

英語名

Chlorine dioxide

分子式

ClO2

分子量

67.5

CAS番号

10049−04−4

物理的性質

◇沸点:11℃
◇融点:−59℃
◇比重(水=1):1.6(0℃)(液体)
◇水への溶解度:0.8g/100ml(20℃)
◇蒸気圧:101kPa(20℃)
◇相対蒸気密度(空気=1):2.3
◇爆発限界:10vol%(空気中)

許容濃度

TLV:0.1ppm(TWA) 0.3ppm(STEL) 【ACGIH 2001】

臭味の閾値

0.4mg/L

臭い

刺激臭

色(気体)

赤〜黄色




安全性と使用例

厚生労働省 水道水の殺菌、プール・公衆浴場の消毒、
小麦粉の漂白
WHO
(世界保健機関)
A1クラス認定
JECFA
(国連食品添加物専門委員会)
ADI(人体摂取許容基準)A1クラス認定
FDA
(米国食品医薬品局)
食品添加物、医療用消毒許可
EPA
(米国環境保護局)
飲料水、工業排水処理、環境浄化用に使用許可
USDA,FSIS
(米国農務局、食品安全検査局)
食品・食肉消毒使用許可
NASA
(米国航空宇宙局)
スペースシャトル内及び宇宙食の完全滅菌に採用
HACCP
(米国食中毒予防計画)
食中毒発生危険度の高い食肉消毒に採用




特長

除菌(酸化)力が強い。
塩素の約2.6倍。
反応が早い。
塩素の約3倍。
pHに左右されない。
pH10程度まで安定した除菌効果を示します。
トリハロメタン類(発ガン性物質)がほとんど発生しない。
塩素の場合は、フミン質と反応してトリハロメタン類を生成してしまう。
消臭力が極めて高い。
トイレ臭、タバコ臭、生ゴミ臭、排水溝のニオイなどは瞬時に消臭することができます。
ただし、香水やお香などの香料は消臭できません。
抗菌スペクトルが幅広い。
多種の菌やウイルスに対して試験が実施されています。




純粋二酸化塩素による殺菌試験データ 

薬事法の関係上、データ公開はしておりません。  

 


安全性試験 (参考)

■経口毒性 : マウス LD50 5,000mg/kg 
■吸入毒性 : マウス LC50 12,000mg/kg
■皮膚一次刺激性 : ラビット 認められず
■眼粘膜刺激性 : ラビット 認められず
※二酸化塩素水溶液100ppmでの結果



濃度測定方法

◆DPD比色法 (一般的に使用されている)
◆ヨウ素滴定法
◆イオンクロマトグラフ法
◆隔膜電極法など



中和方法

亜硫酸ナトリウム、チオ硫酸ナトリウムなどの還元性物質を使用します。

 

 

 

最後に・・・

二酸化塩素は、塩素系及びアルコール系の製剤と比べてコスト的には若干割高ですが、耐性菌の出現により代替品として注目されています。
どの化学薬品も同じなのですが、人体に対して全く害がないというものではありませんので、ご使用の際には必ず注意事項を守ってご使用下さい。

二酸化塩素に関する事でご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。